持ち歩ける便利な安心感

僕は週末の仕事上がりに、よく飲みに行く。
もちろん会社の同期と居酒屋で生ビールから始めて、おいしい料理と上司のグチ、取引先のかわいい女の子の情報交換までするころには少しできあがっている。そのくらいで既婚者組が帰り、ここからは独身組の特権「夜遊び」の時間だ。

でも楽しいお酒と夜の街は、時々思いもよらないトラブルが起きる。そう、それは料金のクレジット払い。店によってはクレジットが使えなかったりする場合も。

でも盛り上がってる途中で、自分だけ帰りたくはない。

そんな時、銀行カードローンの出番だ。ちゃんとした身分証さえあれば簡単な手続きで、一晩遊ぶくらいのお金はささっと借りれる。最近は二十四時間使えるので、僕みたいな夜遊び好きには便利すぎる。そしてなんと言っても早くて手軽。

夜遊びの盛り上がりは、勢いが無ければすぐ消える。

次のお店に移動するちょっとの隙間に、簡単に現金という翼が手に入るのは、パーティ・ピープルの強い味方でしかない。
楽しく遊んだらしっかり清算。
僕の翼は来週末も夜の街を飛ぶはずだ。

あえてキャッシングの機能を付けませんでした

5年ほど前に、新しいクレジットカードを作りました。その時、クレジットカードを作る際には、キャッシング枠をどうするかというのが問題になることがわかりました。

そして、わたしは、キャッシングを利用することもないと判断し、キャッシング枠は付けないことにしました。
その結果、クレジットカードの作成のための審査は、とても簡単になりました。

キャッシングの機能を付けると、収入を証明するものが必要になるそうです。

そして、わたしの場合、専業主婦なので、夫の収入を証明するものが必要になるそうです。つまり、世帯収入によって、キャッシングの利用可能金額は変わってくるみたいなのです。

そして、わたしの場合、キャッシングの機能を付けなかったため、世帯収入を自己申告するだけで、クレジットカードを作成することができました。

キャッシングの機能を付けるかどうかは、クレジットカードを作る際の手続きに、大きく関係してくるということが分かったのでした。

お金を借りる時絶対しられたくない

急に家族が入院することになり準備にお金がかかることになりました。

でも親にも言えず親せき、友人にもお金がないなんていえなくて相談できませんでした。そこでテレビとかCMしている新生銀行レイクに借入できるかネットで公式フォームに必要事項を入力して待っていました。

40分くらいたったあと家に電話がきました。借入できますので最寄りの新生銀行レイクまできてくださいとのことでした。はじめてでなにをすればわかりませんでした。でも言われたように免許証だけ持って駅前にある新生銀行レイクに行きました。
そこには電話で言っていましたように自動契約機がありました。そっと入ってみると誰もいないところでした。私はほっとしました。顔などみられるのがいやだったので自動音声にしたがってするだけだったので安心しました。

入力してあとは免許証のスキャンだけして会社の在籍確認だけでした。

借入はこれで完了でした。近くのコンビニでも出せると言うことなのでそこでお金を出しました。

本当に誰にも会わずしられたくなかったので即日融資できたことを感謝しています。無事入院できました。

身内からお金を借りることについて

お金が必要になった時に、身内に頼るという人も多いと思われます。特に、親や兄弟を頼りにするケースはよくあるようです。そして、身内から借りる場合には、業者から借りる場合とは違い、金利がかかりません。そういう点では、困った時に頼りになる身内はありがたいものだといえるでしょう。

ただ、身内でのお金の貸し借りは、あいまいになりがちです。そのため、貸したほうが貸し倒れになってしまうことも多いそうです。

そうなると、その後の関係にも影響してしまいます。身内という関係に甘えることなく、きちんと返済するように心がけましょう。そして、できれば、借りた金額や返済期日について、きちんと契約書を作成しておくといいでしょう。

そうすれば、貸し借りの内容があいまいになることなく、返済もきちんとおこなわれるようになります。

自動車ローンを組むと金利がかかるとかいう理由から、親に借りる人もいるそうです。甘えすぎることなく、きちんと返済するべきでしょう。

先行投資用の借金

借金をするときには必ず何かも目的があります。目的も無しに借り入れをする方もいますが、だからといって使わずにずっと置いておく人はまずいません。
借金をすることによって利息が発生して最終的に自分が損するだけでは無いかと考える方も多くいらっしゃいますが、必ずしもというわけでは無いと思います。

私などは現在在宅でライターの仕事を少しずつ頂くようになってきているのですが、最初はノートパソコンで作業をしていたのですがさすがにずっとノートパソコンでと言うのは疲れが溜まりますので思い切ってお金を借りてデスクトップを購入することにしたのです。

するとかなり作業速度が向上して収入アップにつなげることも出来たのです。もちろんその分の収入で返済も完了しました。
このように、自分が使いたいものに対してでも使うことで自分が得をする場合もあると思います。何でもかんでも借り入れが良くないと思うのでは無く、それが有意義ことかどうかを考えてみるといいのでは無いでしょうか。

出来るだけいいお金の借り方をしたいです

人生ではとてもお金のことが大切なのでお金を借りたりすることが誰にだってあると思います。お金持ちの人にはわからないと思いますが一般的な人だとお金を借りたりして上手く生活をしていると思っています。

無駄遣いばかりをして借金をする人もいますが家や車を買うためにお金を借りたりする人もいます。上手にお金を借りることで生活を豊かにすることが出来ますし前向きなお金の借り方もあるのです。私もそういうお金の借り方をするようにしたいです。

ローンを組むことで買うことが出来るようになるものもありますし返済のことまでしっかりと考えてお金を借りたいです。大きな金額を借りることが出来る人は信頼をされている人ですしそういう人間になれるように頑張りたいです。

お金を借りることは悪いこともあるのですがいい借り方もあると思っています。お金はとても大切なものですし上手く付き合っていけるといいです。お金を借りることでいい方向に進んでいくこともあるのです。

友達にお金を借りてしまい辛かった事

お友達と食事をした時の事なのですが、帰りに電車賃がなかったので、緊急に銀行のATMでお金を下ろそうと思っていたのですが、帰りの時間が遅くなってしまった為に完全に終わってしまっていました。とにかく私には電車賃がないですし、友達に仕方なく200円借りました。

借りる時にはとても申し訳なく思い、何故事前にお金を下ろさなかったのかと本当に悔やみました。その友達とは1か月に一度くらいしか遊べませんし、とにかく食事の間に色々な事を話すのも楽しみにしていました。それがさようならの挨拶をする段階になって、お金を貸して欲しいというのはあまりにもみっともないです。

次に彼女に会ったのはその後1か月半くらい経過した後ですし、彼女の事を思いだす度に200円の事が思い出されました。とても仲が良い友達だけに、200円ぽっちの事でしばらく悩んでいたのは本当に辛かったです。それからはお金を準備する時にはなるべく予算も多めにして、友達にお金をお返しする時にも一緒にお気に入りのチョコレートをプレゼントしました。友達は気を遣わないでと言いましたが本当にお返しする瞬間までは嫌な経験でした。