あえてキャッシングの機能を付けませんでした

5年ほど前に、新しいクレジットカードを作りました。その時、クレジットカードを作る際には、キャッシング枠をどうするかというのが問題になることがわかりました。

そして、わたしは、キャッシングを利用することもないと判断し、キャッシング枠は付けないことにしました。
その結果、クレジットカードの作成のための審査は、とても簡単になりました。

キャッシングの機能を付けると、収入を証明するものが必要になるそうです。

そして、わたしの場合、専業主婦なので、夫の収入を証明するものが必要になるそうです。つまり、世帯収入によって、キャッシングの利用可能金額は変わってくるみたいなのです。

そして、わたしの場合、キャッシングの機能を付けなかったため、世帯収入を自己申告するだけで、クレジットカードを作成することができました。

キャッシングの機能を付けるかどうかは、クレジットカードを作る際の手続きに、大きく関係してくるということが分かったのでした。